血行が悪くなり、温かい血液が手足の先まで行き届かない状態を冷え性と言いますが、なぜ冷え性は起こるのでしょうか。冷え性が起こる原因は決して1つではなく、様々な原因が絡み合っていることが多いのですが、その様々な原因を知ることで冷え性を改善していけるでしょう。人間は、気温の変化を自動的に察知して、体温を調節する機能を持っています。しかし、冷暖房器具を使用することによって、体温の調節機能が低下してしまうのです。このように、冷暖房器具に頼りすぎて、体温調節がうまく出来なくなってしまうことが、冷え性を起こす原因の1つでもあります。また、食生活も冷え性を起こす原因の1つです。冷え性は血行が悪い状態にあると最初に述べましたが、食生活などの生活習慣が乱れていると、ドロドロの血液を作り出してしまい、血行を悪くしてしまうのです。冷え性を起こしてしまう食べ物としては、ファーストフードやチョコレートがあります。このような食事だけでなく、お肉ばかり摂取していたり乳製品ばかり摂取していたりと偏った食事をしていても、血液をドロドロにしてしまうのです。血行を悪くしないためにも、上記のような偏った食生活を送っている心当たりがある方は、生活習慣を見直す必要があります。他にも、当然のことながら、冷たい物を摂取し過ぎると冷えを引き起こしますし、さらには、胃腸機能の低下も招いてしまうでしょう。水分を摂るなら、常温のミネラルウォーターや白湯などがオススメです。