名谷の歯医者はどんな所か?

昔実家の近所に歯医者がありましたが、私も何度か行ったことがあるのですが、すっかりトラウマになり、今ではその歯医者はお客さんが来なくなりました。
今でも歯医者と聞くと震えが止まらすに小さい頃の記憶が蘇り、なんとも言えない薄暗い部屋の中で、機械のくるくる回る音を聞きながらたくさんの子供たちが泣きじゃくる姿が脳裏に浮かびます。
でも、今の歯医者はそんなところはほとんどなく、ほとんどの歯医者が親切で丁寧な治療を心がけてくれています。

兵庫県神戸市の名谷駅の近くの歯医者さんでも、子供から大人まで安心してかかれるように工夫されていて、治療の前には患者さんときっちり話し合って、患者が理解してから治療を始めるようです。
名谷駅の近くにある歯医者では、常に患者に目を向けて、笑顔を絶やさないようにすることがスタッフ全員の目標らしいので、子供でも安心して行くことができます。
さらには、患者がいつも安心して来れるように、最先端の治療を心がけていて、一番大事なこととして、治療の後に患者が笑顔で帰れるように気を配っているそうです。

DVDプレスとコピーの違い

DVDプレスとDVDでコピーの違いがよくわからなかったので、調べていることにした。
まずDVDコピーは、市販のDVDディスクに対して、データを焼き付ける手法である。
そのため、DVDドライブのメーカーや対応する企画によっては互換性が100%ではなく、最悪、家にあるプレイヤーでは再生できないということもありうる。
しかし、1枚から必要な枚数分焼くことが可能なので、枚数が少ない場合は単価を安くすることができる。
また、納期までの時間が短い。
対して、DVDプレスはディスクを量産するために「スタンバー」と呼ばれるものを作成し、プラスチック原料を射出し、成形する。
物理的にディスクに記録するため、再生する際の互換の問題が起きる可能性が、コピーの時に比べて大幅に減る。
ただし、タイトルごとにスタンバーを制作するため、枚数が少ない場合は割高に鳴ってしまう。
500枚以上作成するのであれば、DVDプレスの方が値段が安くなっていく。
また、スタンバーを制作する関係上、納期までの時間が一週間以上になってしまう。
ただ、スタンバーを作る時間だけがボトルネックなので、枚数が何枚でも、納期までの時間に大きく差はないという点も特徴的である。