ISD個性心理学ロジックって?

ISD個性心理学とは、統計学や分類学を基に人それぞれにある個性を探求したものなんだそうです。
それぞれに異なった性格や考え方を持っている為に日々の人間関係の中でストレスや摩擦が起こってしまうものなんだとか。
全ての人間関係における軸となるコミュニケーションスキルを磨き、自身の可能性を広げていこうというものなんですね。
ISD個性心理学は元祖の動物占いと同じで、統計学に基づいて「●月●日生まれの人はこういう考え方だ」といった見方をするそうです。
動物占いはこれらのデータを動物に置き換えてイメージし、12分類、60分類したものなんだとか。
こういった統計的なデータを誰でも活用できる形にしたものがISD個性心理学ロジックで、状況に応じた対応術などにも応用する事が可能になるんだそうです。
これらのロジックは企業や教育現場などでも多岐に渡り活用されているものなんだそうです。
日頃あまりコミュニケーション能力に自信が無いという人の場合には、まずはセミナーを受けてみるのも良いかもしれないですね。
コミュニケーション能力が向上する事で新しい世界が開けるかもしれません。

引越し先の箕面で歯科を見つけた

私自身は引越しには抵抗はありませんでしたが、土地勘がないことは確かです。
またタイミングよくなのか、悪くなのか、歯科に通っている最中のことでした。
でも、今後のために、引越し先で新たに探すには言い機会かもしれないと思いました。
そう考えたら、早くに探すに限るとも考えたのでした。でも、引越しが先です。
かかりつけの病院や歯科は必要になってくるので、探索がてら探そうと思いました。
または、調べてみるにもいい機会かもしれないと感じていたのです。痛いわけではない。
でも、歯石取りなので早い方がいいと思い、箕面で歯科を探して見つけたのでした。
何だか空間的にも落ち着く場所で、先生がいい方だったのでした。
もちろん他の方も対応が良くて、また設備面も綺麗ないい場所だったので、嬉しい。
これは、今度もここに通うと思って、箕面での歯科はとても親切な所で決まりました。
なかなか見つけるには困難なのかな?と思ったのですが、調べたのは当たっていました。
まだ、周りのことは詳しく分かりませんが、とにかく一歩は踏み出せた、と感じました。
こんなに出足しが順調だと、今後が楽しくなるなぁ。また来るのが楽しみだな、と思います。
出足が好調だと気分も晴れやかなので、何だか他でもいい方向に行きそうです。