大きい税理士事務所と小さい税理士事務所どっちにする?

会社を経営している人には税理士は欠かせない存在で、税理士は税務申告、税務相談、節税対策、税務調査対応、経理指導、記帳代行などを行ってくれます。
会社を経営すると本業に集中したいので、会計や税務のことは税理士に任せる人が多くいますが、中には税理士探しが面倒だったり、顧問料を節約するために税理士と顧問契約を結んでいない人もいます。
でも税理士がいないと税務調査で指摘された場合には交渉力がないので、費用がかかっても税理士と顧問契約を結んだ方がメリットはあります。

税理士事務所も大きいところもあれば小さいところもあり、どちらにしようか迷うところだと思います。
大きい事務所は経営相談が期待でき、複雑な事案にも対応してもらえる。高度なサービスもあり、スタッフの質も高いことがメリットです。
しかし毎月税理士は来てくれない、顧問料が高い、担当者によってサービスが違うといったデメリットがあります。
小さい事務所の場合には毎月税理士が来てくれる、顧問料が安いというメリットがありますが、税理士が留守の時が多いので急な相談に対応することができない、経営の相談ができないなどのデメリットがあります。