相続はいきなりやってくる?弁護士への相談は急いで!

最近は合言葉のように「相続はいきなりやってくる」のような事をよく聞きます。
確かに自分も急に親が亡くなったので何も準備もなく相続がやってきました(汗)
自分の場合は一人っ子で他に兄弟もいなかったのでテレビなどでよくある「遺産相続を巡る家族崩壊」はまったくありませんでしたが、それでももし兄弟な他に相続人がいたらそれはそれでかなり大変な事だったと思います。
もし相続人が他にもいる場合には誰がどういう順で相続をするのでしょうか?
具体的な法定相続人としては配偶者は常に法定相続人となりますが、次に被相続人の子どもになります。
もし自分の父親が亡くなって子ども(兄弟)が2人の場合は母親(配偶者)が1/2、そして兄弟は2人で1/2を頭割りして相続することになります。
他にも様々なケースで法定相続人の順位があるようですので、そういったことも含め弁護士には早急に相談した方が良いでしょう。
最近は終活で生きているうちに生前贈与や遺言、エンディングノートなどで亡くなったときに遺族が困らないように準備されている方も少なくないそうです。
急な相続で慌てることになったらまずは一呼吸おいて、できるだけ早く弁護士に相談するのが良いかもしれませんね。