ISD個性心理学ロジックって?

ISD個性心理学とは、統計学や分類学を基に人それぞれにある個性を探求したものなんだそうです。
それぞれに異なった性格や考え方を持っている為に日々の人間関係の中でストレスや摩擦が起こってしまうものなんだとか。
全ての人間関係における軸となるコミュニケーションスキルを磨き、自身の可能性を広げていこうというものなんですね。
ISD個性心理学は元祖の動物占いと同じで、統計学に基づいて「●月●日生まれの人はこういう考え方だ」といった見方をするそうです。
動物占いはこれらのデータを動物に置き換えてイメージし、12分類、60分類したものなんだとか。
こういった統計的なデータを誰でも活用できる形にしたものがISD個性心理学ロジックで、状況に応じた対応術などにも応用する事が可能になるんだそうです。
これらのロジックは企業や教育現場などでも多岐に渡り活用されているものなんだそうです。
日頃あまりコミュニケーション能力に自信が無いという人の場合には、まずはセミナーを受けてみるのも良いかもしれないですね。
コミュニケーション能力が向上する事で新しい世界が開けるかもしれません。