DVD制作は温度からして手厚く守られていると思います。

DVDの制作は温度に対する繊細さもあるのかなと思います。
すごく暑い室内で制作される、なんてことはまずないことがいえそうだからです。
かといってエアコン効かせ過ぎることもなく、適当な室温が制作現場にはあるでしょう。
もともとの画像や音が、わずかでも温度の影響を受ければやはりその変わったまま引継がれることになります。
そうなるとDVD制作にとっては致命傷になるといえるのではないでしょうか。
わずかな違いを見聞きできるプロが集まっているのが制作現場でもあるといえると思います。

いろんなものを撃退しながらのDVD制作があるからこそ、受け取る方も大事にできるものでもあります。
そう、そのこだわりぶりがパッケージに表れているのだということができるかもしれません。
DVDは再生されるものじたいも一番ですが、制作での扱いもやはり見てしまうものでもありますから。
たった1枚だとしてもDVD制作はDVD制作であり、いろいろと守られているのでしょう。
なので、たった数枚だから…とも思わずに制作してもらうということも現実的に見えるものだと思います。
DVD制作とは1枚を大事にする、ということを思い出させてくれたりもするものなのかもしれません。